自宅でセルフジェルネイルする時の注意点

 

自宅でセルフジェルネイルする時の注意点

 

ジェルは合成樹脂分を原料にしており、水あめのような液体であることを特徴とします。

 

 そのジェルを爪に塗った後に、UVライトまたはLEDライトを当てることによって硬化させることで仕上がるネイルのことをジェルネイルという名称で呼びます。これは自宅でもでき、セルフで行う人は現在増加傾向にあります。

 

 固めたあとについては落ちないことを特徴とするためすぐに触れることがメリットです。様々なデザインのものを自分の思いのままに作れることがジェルネイルの大きな魅力となっています。その状態のままで日常生活もできます。子供を抱きかかえることも、家事などを行うこともできますので愛好者が増える一因にもなっています。
 しかし、注意点も存在します。それは、ケガのリスクもあることです。間違った知識を実践することで爪にケガをしてしまうこともあります。ですので特に自宅でジェルネイルを自分で行うときにおいては、注意事項をしっかりと守る必要があることがいえます。

 

 それでは、どのような注意点が存在するのかというとまずトラブルになりやすい事例として、最も多いのが間違ったオフのしかた、言い換えるとネイルを外すときにミスをしてしまうことによってケガをしてしまうなどのトラブル事例があります。

 

 従来のマニキュアよりも強度の面で高いという性質があるため便利ではありますがそれははずしにくいというデメリットもあります。特にハードネイルを使用している場合においては、まず自分で外すことはできませんので専用のサロンに行って外すことになります。無理やり外すと爪ごと剥がれてしまう可能性がありケガをしますので、外すときには注意が必要です。

 

 次に起こりやすいトラブルとしてネイルが浮いてくることをリフトと呼びますが、それを放置するとそこにカビが生えてくる可能性があります。そうなると治るまではネイルをくっつけることができなくなりますので外すタイミングは大事です。

 

 UVライトによる火傷や肌の老化などにも注意を払う必要があります。もしも爪の部分異変を感じた場合には無理をすることは避けておくようにします。